のがれられない二世テリトリー

昨日の記事「宗教の二世の話」の続き。

 

フェアではない、と思う。

 

自分が良いと思って選択したものを他人に薦める。それは大人の関係としてはいいだろう。余計なお世話と言われることがほとんどだろうけれど。そして他人には拒否権もあるから受け取らないという選択もできるわけだ。まあ、言ってみれば、それが本来自己責任での選択というやつであって、宗教を選択する意志というのは他人がどうこう言えるものではないのだ。

宗教は拠り所で、信仰や崇拝を求めに行くところなので、それは個人の意志。

 

でもこれが親子間、いわゆる二世だと勝手が違う。暴虐だ。価値観を押し付けられ植え付けられるのは最早道徳倫理云々を超えている。端から全てを否定し、ただひたすらに宗教だけを肯定する人間を造るわけなのだからそれは選択でもなんでもない。押し付け。植え付け。洗脳。虐待。

 

極論で言えば「人を殺していい」と育てられた人が「人を殺してはいけない」という世間に馴染めないという事態が発生する。そこまではひどくはないんだろうけれど、ある程度はひどいよ。

そうなると馴染めなく生き辛いので、宗教の間違いを薄々認識しながらも宗教テリトリーで暮らしていく人生しか選べない。二世の葛藤というのは正しくここだと思う。そこ以外で生きられないのだ。そこ以外で生きられないことを知っているのだ。だからそこでしか生きられない。そこに居たいわけではないのに、そこから外には行けない。感性や感覚、認識が異なるので、テリトリーを外れることは敵わない。ずるずると、間違っていると感じながら、その場に留まらなければいけない。

 

形成された概念を宗教によって覆されるはありだけど、形成されてないものを作り変えてしまうのはフェアじゃないし、それはもはやただの虐待。

宗教は個人の自由。でも親子は完全なる別人なんだから、親が学んでいたって子供にむりやり学ばせてはいけない。子供が自分で選択できるまでは宗教を押し付けてはいけない。そんな当たり前のことが真理だと盲信している人間には通用しない。ここを突かれると彼らは口を閉ざす。宗教は人権尊重を訴えながら人権侵害をする。

| 2018.02.21 Wednesday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

宗教の二世の話

毒親が毒親たる所以の話。

但しどちらが先なのかは不明。

 

大人が宗教にハマるのはいい。だって大人なのだから、倫理観を持っているのだから、それが宗教によって変わったり覆ったりまあなんにせよ、個人でハマる分には問題ない。道徳観とか倫理観とか育っていく上で適宜調整されるものだから、それが宗教に振り切って真理だと思い信仰を抱いてもなんら問題はないだろう。なぜならそれはその人の選択だから。宗教を選択したのだから、それは個人的な問題だ。

 

しかし子に教えるのはどうだろう。倫理観も危うい子供に宗教を教え込むのは道徳的にいかがなものだろうか。親がそれは真理だ真実だと幾ら喚いて教え込もうが、子供には間違ったものが分からない。正しいものも分からない。ただ親は絶対的な存在だから親が言うことが正しいのだろうと、大人が選択したものを丸呑みする。結果間違っているにしろ通常とは異なった倫理観や道徳を叩き込まれ、通常の世界では生きにくくなる。子は選択をしていないのだから、それは当然の話だ。親が生きづらくても、それは親が選択したのだから自己責任で通じるが、子は選択をしていないのだから責任もくそもない。

 

基本的人権は尊重されるべきなのに親子間では人権というものは無に帰す。親子なのだからという呪いのような言葉で子供は犠牲になる。親子なのだから人権を無視してもいいのだろうか。いいんだろうなあ。いつも被害をうけるのは子供だ。親の業を背負い、親の呪いを受け、親に足を引き摺られる。わたしはそんなにおもしろくもない人間なのだろうか、そんなにつまらない人間なのだろうか、そんなにうっとうしい人間なのだろうか。人格を壊されなければ、たられば、何かあったのかもしれないのに。

 

宗教は悪いとは思わない。人間、すがるものが必要なこともある。

でもね、自分が縋りたいだけなのに、子にも縋らせるのは、ちょっと間違ってると思うわ。

| 2018.02.20 Tuesday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

成功体験を彼女は邪魔をする

どうでもいいことだけれど成功体験でぐぐったら怪しいセミナーみたいなやつとか、なんつーの? 自己啓発的なもんばっかり出てきてうわあってなったんだけれどそういえばこういう話ってそういう自己啓発の立派な食い扶持ですよね。答えがなく模索しがちで他人の意見を聞きがちで、端から答えは各自の中にしか無いので引き出すにも引き出さないにしろ自己責任。好きそう。

 

日常の小さな成功体験を積み上げることによって自信は確固たるものとなる。

すると小さな失敗にも躓かず、常に前だけを見据えることが出来る。

自分には出来る、成功したという経験があるから。

結果、成功する。

 

のは、逆も言えるよなっていう割とろくでもねえ話です。

わたしの雑記は十割ろくでもねえ話だったりしますね。いつものことだい。

 

ここ数年わたしは成功体験を積み重ねることに成功しています。ほんとうに小さなことですが、仕事ができたとか、人間関係がうまくいったとか、まあ期間は短いのですが、ちいさなちいさなことです。家にベランダがなくても生活できたとか、冷蔵庫がなくても生きていけるとか、まあ一人暮らしできるっていうのも立派な成功体験です。

これらが毒親にとっては非常に好ましくないようで縛ってきます。邪魔してきます。

毒親にとってはわたしはぐずでのろまでなにもできない失敗体験ばかりの人生を送ってほしいんです。子供のしあわせを願っているようで願っていないんです。わたしはつまずいてだめになって自分に縋って共依存してしかたないなあだめなこだなあ奴隷で暮らしなよとそういうのを望んでいるんです。そういう親もいるんです。

| 2018.02.19 Monday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

お役目、御免

子を産むとは女ゆえの特権なので、わたしはとても勝手な話で悪いのだけれど、わたしの個人的な考えなのだけれど、この役目を果たせないわたしは女としての責務を果たしてはいない。

逆に子さえ産んでしまえばどんなに頭からっぽのクズみたいな女でも、女としての機能は果たしているので女としてはふさわしいと思う。

 

極論だけれどね。

 

わたしは子供が産めない(産まない)のでこういう考えに行き着くのかもしれないけれど、残念なことにこの世の中やはり子を産んだ女のほうが強い。子を産んでない女はなんらかの地雷として扱われる。まあ人間的に問題があるのは間違ってはいないよ。確かにわたしは地雷物件だ。とてもひとにはオススメできない。だからといって仕事上で非難される覚えはないけれど。仕事は仕事、それはそれ。

 

昔ぼんやりと、その内年取ったら、ふつうに恋愛してふつうに結婚してふつうに子供産んで年老いていくんだと思っていたけれど、存外それはむずかしくて困難で、ぶっちゃけわたしには不可能で無理で限界だというのは、まあ、うん、とっくには気付いている。子供は、むりだ。だから子供以外でのつながりを持てるのなら結婚したいけれど、やはり女は子を産むためのいきものだから、そういうのはむずかしいよなと、そんなことをおもう。

| 2018.02.18 Sunday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

確定申告、初日突撃

去年も初日に行ったよなあ、と思ったらやっぱり行ってました。

昨年記事:「確定申告、自己申告

 

行く前に念入りに持ち物を調べたつもりなんですが忘れたものがありました。いやあ「確定申告 持ち物」で見たんですけどね。まあ忘れても問題なかったのですが。

通帳です。

 

(あ去年の申告書も忘れたんですが結局何に使うのかわかりませんでした)

 

昨年もe-taxを使用していましたので利用者識別番号を取得していました。その番号に紐付けられていると思っていたのですが入力画面が出てきてびっくり。前年度に還付があり、通帳番号等入力していれば未入力でも問題ないようなのですが念のため持っていったほうがいいですね。あと利用者識別番号とパスワードの用紙は必要です。ハガキでもお知らせで来るらしい? わたしの家には来てないです。

 

去年よりも割と平和でした。パソコンできない人がパソコンできる列に並んじゃってくわばらくわばらみたいなことはしょっちゅう起こりました。もうねわかりやすく立て札立てとけばいいのにね。去年もこれ思ってたわ。e-tax自体は去年は人が付いていてくれたんですが係の人は誰もついていませんでした。気楽でしたがやはり障害者控除は勝手にチェック入れても何も言われないし手帳のチェックもされないからウーンと思いますね。

 

ネットでも出来る! と宣伝をたくさんしてましたがカードリーダーを買わねばならんので家からは申告したくないです。

あと来年分に合わせて青色申告決算書と収支内訳書の用紙&書き方を貰ってきました。

| 2018.02.16 Friday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

精神障害が個人事業主になったよ

なんでや。

 

業務委託契約によりわたくしは個人事業主となりましたので開業届を提出してまいりました。それに伴い青色申告承認申請書も出しまして来年度の確定申告では控除を受けられるようにしてまいりました。この届け出によりわたくしはこれより個人事業主として働くことと相成りました。脱労働者! フリーランスです。独立です。起業です!

 

なんでや……。

 

業務委託は個人事業主として受けますので労働者ではありません。なので労働者に適用される労働法も原則適用されません。メリットと言えば時間や場所等自分で決められるので自由な働き方が出来るくらいでしょうか。労働者であれば加入できる社保は原則自己負担になりますので正直業務委託は企業側のメリットはあれど個人としてのメリットはほぼないと言っても過言ではない気がします。請負業務でしたら自由な働き方と謳えますが委任契約ですとほとんど自由さは無いかと。というよりほぼ労働者かと。というよりほぼ偽装請負かと。

 

せやね。

 

個人事業ですと帳簿をつけなくてはいけなくて、それに伴い白色申告か青色申告を選択できるのですが、どうせ帳簿はつけますし難易度もあんまり変わらないので、それなら65万の控除を受けられる青色申告にしました。ちなみに業務委託だと開業届は提出する意味はあんましないのだけれど、青色申告をするには開業届が必須なのでついでに出しました。開業届も青色申告も廃止届が必要なので、業務委託終了後は速やかに提出しなければいけませんね。そんなひまはないわ!

 

……わたしはなにをしとるんや。

| 2018.02.13 Tuesday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

流行り廃りは嗜好とは離れゆく

去年まで猛威を奮っていたゆるゆるカーディガンが今年はめっきり見なくなりました。ちょっと今年になってから長めのガーディガンが欲しくなったので買いに走り回っていたのですが、ワイドパンツやロングカーディガンを全く見ません。露骨だな!

仕方がないので、まあ無いわけじゃないのでそんなに長くないカーディガンで過ごそうかと。もしくはロングが出たら買おうかと思っています。

 

こう服飾業界の流行り廃りはほんとうに迷惑というか、まあ、なんだろうね、流されることが好きな人とかそういうのには向いているんだろうけれど、流行とかどうでもよくて自分に似合う服が着たくて、琴線に触れたと思ったらもう売ってなくて(ネット販売も完売or品自体なし)そんなわたしみたいな世捨て人には厳しいです。

世捨て人というより流行に興味ないんだよ。人の仕掛けたブームはべつにねえ。

ただロングカーディガンというか、少し丈の長めの、お尻にかかるくらいの裾丈カーディガンはずっと欲しかったんですよ。昔のカーディガンは丈が短いの。わたしがでかいというのもあります。

 

売り場で見た限り杢グレーという色がとても好みでした。ネットの色合いと実物の色合いがまったく違っていて、合わせにも良い色です。この色のカーディガンを一着は欲しいです。

| 2018.02.12 Monday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

SELECTED ENTRIES

Category

Archives

Link

Search

twitter