Entry: main  << >>

事業主貸と事業主借

個人事業主は事業用口座を作ることをオススメされているのだけれどこれがいまいち分からない。いやわかっているようでわかっていない。事業用口座と帳簿の整合性って一体どこまで必要なんだろうか?

そもそも。買った日付で仕訳てしまっていいのだろうか。

 

まあ主に現金取引なわけだよ、わたしはさ。数百円買ったら帳簿につけるわけだ。複式でさ。

そうなるとさ、元入金から減るわけだよね、経費落ちだからさ。でも実際に銀行に行って数百円落としてるわけじゃないから銀行の数字は変わらないわけだよ。これ続くとさ、預金残高と帳簿が合わなくなってくるでしょ。月末にまとめて下ろすとかならまだいいけど、忙しくて下ろせなかったらズルズルずれていくわけさ。どうなのよ。

 

と調べてみたら色々方法はあるらしい。統一化はされておらず、というか、青色申告自体明確な決まりというか、まあ勘定科目の点で気付いてはいたのだけれど割と個人任せにされてる部分はあるもので。いやはや。こういういい加減な上に穴だらけなのを良くやりますよ。

 

■「事業主貸」(かし)と「事業主借」(かり)についてのご説明。

法人会計にはない個人事業専用の鑑定科目です。ワーイ。

 

事業のお金を「事業主個人に貸す」場合は、事業主貸(ジギョウヌシカシ)

  →プライベートな出金に当てたい(家賃光熱費とか)はこちら。貸す方。

事業のお金を「事業主個人に借りる」場合は、事業主借(ジギョウヌシカリ)

  →プライベートな財布から代わりに出しておいたわ、はこちら。借りる方。現金だろうがクレカだろうが仕訳できるのは割とでかい。ちなみに銀行預金の利息も事業主借で仕訳。

 

消耗品費100円 / 現金100円 だったのを、

消耗品費100円 / 事業主借100円 にすれば、自分の財布から出したことの仕訳。

 

事業主貸100,000円 / 現金100,000円 事業用資金からプライベート現金に資金移動をしたこと

現金100,000円 / 事業主借100,000円 プライベート資金から事業用現金に資金移動をしたこと

 

となり、ルールに一貫性が持たれ、ある程度は口座残高と合うのではないのだろうか。

まあそもそも口座残高と正確に合うことが必要がどうかも分からんのだが。

 

基本的にプライベートな口座または現金へ移動した後の行動についてはどこかに記録しておく必要はない。事業とは関係のない話なので。ただ現金を下ろして事業のために使うためにとっておくのであればそれは「小口現金」となるので、

 

事業主貸10,000円 / 小口現金10,000円 と小口現金として移動したことを明記し、

〇〇貸500円 / 小口現金500円 と以降は小口現金より支払ったと仕訳しておけばいい。

(……ん?じゃあ基本的に現金っていう勘定科目は使わないんじゃないの……?)

→次記事「現金と小口現金」参照のこと

| 2018.02.23 Friday | 複式簿記&青色申告 | 壱原 | 拍手ビンタ |

スポンサーサイト

| 2018.09.17 Monday | - | 壱原 | 拍手ビンタ |
Trackback

SELECTED ENTRIES

Category

Archives

Link

Search

twitter