Entry: main  << >>

デジタルの時代の会議資料

昨日も今日も明日も明後日も紙を印刷します。

大量に大量に印刷します。

それは偉い人を納得させるためだけの紙です。

会議が終わったらシュレッダー直行です。

そのために時間を使います。

そのためにインクと紙を使います。

無駄です。

データにしろ

 

そのくせ節約とかカラー印刷禁止とか言ってくるんですがならもうほんとデータにしようよ。パワポでプレゼンしようよ。なんでパワポで作ったプレゼン資料印刷してるんすか、そのままでいいじゃないすか!

 

ホチキスで止めながらべつにそんなこと考えてないですけどね。無の境地です。ぱちこんぱちこん。考えてたらキリがないです。ああいうひとたちは無駄に喋って無駄に会議して無駄に会議を伸ばすのが好きなんです趣味なんです。性能とか効率とか能率とか無駄を省くとか現場第一とかそういうのとかは無縁なんです。ただ座って椅子をあたためているのがいいんです。まあ、そういう年代なんです。そういう社会の縮図なんです。

| 2018.03.22 Thursday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

スポンサーサイト

| 2018.12.14 Friday | - | 壱原 | 拍手ビンタ |
Trackback

SELECTED ENTRIES

Category

Archives

Link

Search

twitter