Entry: main  << >>

三つ子の魂パワハラ

パワハラとかいじめとか、まあこういう言葉を使えばかわいらしいのだけれど、他人に暴力行為を奮う人間というものは種類で異なると思っています。他人を傷付けられる人というジャンル。言葉にしろ暴力にしろ態度にしろ、傷付けることができる、というのは一種の線引が出来るんです。

逆に言えば一切人を傷付けることができない、というジャンルの人間も存在するわけなのですがそれはまたいつかお話するとします。

 

近年話題になっているのはパワハラ上司ですが、なぜこの類の人が出世して上司となるのかとふと思えばそれは人事が糞だからです。言い方を変えます。有能な人間を辞めさせ、居心地の悪い場所で、継続年数だけ重ねることが可能なこれらの人間は、残りカスのような人であり、これ以外の人は存在しないので役職が勝手にあがるのです。つまりこの職場自体がクソでして、この上司が更にクソでして、改革するには上司飛ばすか逃げるしかの選択肢がなく、賢いやつは逃げて、無能な人は残りパワハラを訴えるわけです。つまりただの連鎖反応ですね。

 

最近はSNSの普及も高まり一般の人でも簡単につぶやいたり不正をかもしたりできるようになりました。ツールの使い方を問われなければ、昔より現実との境界線が薄まっているわけです。問われなければの話ですが。

なのでパワハラやいじめについて、「昔もあった」「よそでもやっている」「自分は耐えた」などというコメントは至って的外れと言うか、そういうことを言ってるんじゃないし、もうそういう時代じゃないのです、そういう空気じゃないんです。泣き寝入りするくらいならツイッターで呟いちゃえっていう世界なんです。だってそのほうが健康的、健全的。

(ただここにも思うことはあるのですよ)

 

わたしもパワハラに遭いました。ふるえが止まらなくなりましたしトラウマになりました。

その時は耐えようと思いました。何度かは耐えました。

でも最後はむりでした。

職場を変えても違う場所で違う人からパワハラを受けたこともあります。

 

ただ、言葉遊びみたいなものなのですが、わたしがお局に、つまり女が女にするパワハラはマウンティングで、男が女にするものがパワハラだと思っていて、マウンティングは割とスッと避ける術を心得ているんです。もう遭い続けているからね。伊達にいじめられっこ慣れてねえからね。ただ男からのはほんとうに怖い。やつらは本気でくればわたしなんて一捻りどころか物理的に首でも簡単に折られるんだから、まじで怖いんだ。

 

パワハラを女に、つまり異性に行える人っていうのは、もう種族が違うと思っています。

ちなみにわたしの父もそういう類の人です。しねばいいのにね。

| 2018.08.12 Sunday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

スポンサーサイト

| 2018.12.14 Friday | - | 壱原 | 拍手ビンタ |
Trackback

SELECTED ENTRIES

Category

Archives

Link

Search

twitter