Entry: main  << >>

障害者雇用水増しについて

なんか笑っちゃいましたよ。

過去記事「社会的精神障害者」より

2018年に向けて手帳の是非についても見直したほうがいいと思いますよ。

 

さて施行された精神障害者雇用義務化は助成金と罰金を伴っていたのですが、案の定というか、知ってたというか、都道府県単位での不正が発覚いたしました。手帳の所持を未確認だったそうです。休職中の人も手帳取得可能だとして手帳持ちとカウントしていたそうです。くそったれ。

 

これはあれですね。手帳がないのにもかかわらず手帳を持っているとみなしているということは、当然ですが、あまり触れられないですが、一般枠だったら不可能だった人が障害者枠で応募して合格しているっていうこともあり得るということですね。大卒枠だと無理だから高卒枠にするという昔ながらの手法です。

ていうか、知ってた。うん、知ってた。そうなるに決まってるわ。

 

だって社会的に精神障害者ってものがどんなものか浸透してないもの。アウアウアーで突然叫びだしたり人殴ったりする人だと思ってるもの。精神の病気は目に見えないから分かりづらいけれど分かろうとしないのだから仕方がないよ。精神科の先生すら理解不能の存在を社会に認知してもらおうっていうのは無理な話ですよ。しかしながら一部の精神障害はそういったものを踏まえて一般就労しています。なぜなら通常に手帳取得して障害者枠で働こうとしても就労不可なので働けないんですよ。だから伏せるわけです。ここはいびつなところです。

 

誰でも取得できて誰でも返還できる手帳を所持していることが障害者の定義なのであればその定義はおかしい。病気の人が病気認定されないようなものでありこういった不正が非常に起きやすい。それでこれは手帳の定義が曖昧で不確かなゆえに確実に起きると分かっていたことだ。ほんとうに手帳持ちで障害者就労してるのって発達だけだと思うんですよね。精神で取ろうものなら二級は取れるのだから、二級は就労不可なのだから、要するに三級なわけで、三級ということは発達なわけなのだからね。

 

本来の障害者が働けず、罰金を逃れ助成金を受け取っている。

障害者ビジネス極めり、って感じの案件ですね。

| 2018.08.26 Sunday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

スポンサーサイト

| 2018.09.17 Monday | - | 壱原 | 拍手ビンタ |
Trackback

SELECTED ENTRIES

Category

Archives

Link

Search

twitter