Entry: main  << >>

障害者手帳の提示について

最近似たような雑記が続いて申し訳ないです。

と言いますか、この件に関しましては終わりがないのでやんす。そこそこにして違う記事書こうとも思うんですけれど、こういうジャンルがわたしの十八番でもあるわけでごにょごにょ。まあ二十年以上関与している身としては書きやすい記事ではあるんですよ。ごにょり。

 

とある場にて「障害者手帳の提示を義務化すると人権団体が煩い」というコメントを拝見。

なるほど。

 

ここで精神障害者手帳に関するおさらいを。精神障害者手帳を持っていて出来ること。

■障害者雇用

つぶされたネー。唯一のメリットだったんだけどネー。

そもそも二級以上は就労不可なので障害者雇用はむりなんですけれども。

 

■各種交通機関の割引

わたしは東京都に今住んでいないので無理なのですが、東京住みの場合は都営地下鉄が無料になります。但し申請は日暮里。なんでや。この場合手帳に写真は必要なんでしょうかね? 昔精神障害者手帳には写真がなく、身体や知的が受けられるサービスはすべて受けられませんでした。そうしたら団体が騒ぎ立てていくつか受けられるようになり、写真は任意になったという経緯があります。今でも写真はつけるつけないは自分で選べますし、つけても外すことは可能です。

ちなみにわたしの今居る県でもバスが無料になりますが全く使ってないです。

 

その他重度心身手当とかいろいろあるのだけれど、まあ今回は詳しい手帳のあれこれは置いておいて、最後の項目に移りますね。これが厄介。

 

■障害者控除

これねえ。おそらく勘のいい人ならもう分かっていると思うんですよねえ。

確定申告の際に障害者手帳を持っている人は控除がプラスされます。控除がプラスってなんか変ですけど、基礎控除65万の場合は、控除額27万円。それが所得税(27万)や住民税(26万)にかかってくるんですね。そんでですね、これ確定申告でe-Tax使用する場合ラジオボタン一つぽちっとするだけで申告できちゃうんです。

(関連記事:「確定申告、初日突撃」)

で、ここが問題。

確認しないんです、手帳の有無。

手帳の有無確認しないのに障害者控除が受けられるんですよ。

 

色々な解釈が可能ですね。もし仮に手帳を取得していなくても障害者控除を受けようとした場合どこかで発覚するものなのか。発覚するのであれば障害者控除をこちらから申請する意味は何なのか。手帳の有無確認はただ単にわたしの地域が怠っているだけなのか。……そうだと思いたいのですが。団体さんが動いたおかげでチェック体制が整わず、誰彼構わずシステムをわかっていれば障害者控除を申請し放題なのか、とか。

 

そうなってくると上記のコメントはかなり怪しいというか胡散臭いものですね。

人権団体さんに関わらず手帳の提示に異を唱えるひとというのは、手帳を提示してしまうとまずいこと、あるいは提示できない理由でもあるのでしょうかね。さーて。

| 2018.09.01 Saturday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

スポンサーサイト

| 2018.11.21 Wednesday | - | 壱原 | 拍手ビンタ |
Trackback

SELECTED ENTRIES

Category

Archives

Link

Search

twitter