接客:よろしかったの?

様々な接客シーンで耳にする「よろしかったですか?」にわたしはモヤッとします。

 

これ使うシーンは割と限られているくせに耳にするとやたら耳についてしまう語句。

「◯◯でよろしかったでしょうか?」と使う。

「◯◯でよろしいですか?」だと丸く収まるのですが……。

 

バイト敬語なるものをわたしは批判したりはしません。だってバイトの範疇だと通用して許されるわけなのだから、それは社会的に許されているようなものじゃないですかね。それに自分自身正確な敬語を使えている自信はまったくないし、一語一句一挙一動誇れるような立派な人生歩んでいないので、人様にそう安々とケチをつけられないのですよ。

 

ただこれって反対で使われることが多いんですよ、わたしが聞く限りだと。

例えば「袋に入れてよろしいですか?」→「袋に入れないでもよろしかったですか?」みたいな、逆でもいい? 自分こう認識してるんだけど間違ってる? みたいな、確認を促すような、それでいて異なっている場面とか。

いやいや袋要るべよ、と思ってもそういう確かめ方だと意表を突かれてアッハイと返事をし、商品まるごと手持ちで帰ることになるのでなんだかモヤモヤします。いやそこで、必要ですお願いします、と言い直せばいいだけなのですが。

 

たぶんだけれど確認に使う分には間違っていないような気はするのですよ。

もう先程伺いましたが、このような認識でよろしかったでしょうか? みたいなの。

ただ、俺こう思うけど、お前これでいいだろ? みたいな使われ方が多いような気がして。

うーん、若干クレーマーぽいですね。

 

砕けた言い方をすれば「よかったっけ?」「いいんだよね?」だから、言い方の問題でしょうかね。

言い方はね……九割人間性に偏るからね、それはもう敬語云々の問題じゃなくなるのよね……。

| 2017.06.18 Sunday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

ひまを噛みしめる僅かなひととき

初めの一日二日はだいじょうぶ。

一週間経たない辺りで求人を見出して、

のちのち発狂。

 

働いている最中は叶わなかった朝買い物→昼お風呂→昼寝というコンボ。休みの日はひたすら爆睡とか月曜におびえる日々ですので、僅かですが昼寝が出来ます。寝だめは出来ませんが不眠の借金は返せるのかもしれないですね否むりかな。

 

歯医者の予約を取ろうとしたのですが一向に返事がなく、折り返しの電話かメールが来るはずだったのですが来ないので問い合わせたところ、既にメール送りましたと仰る。受信フォルダにはないので電話にて改めて予約。歯石を取りたいだけなのに少し手間取る。治療は受ける気なし。治療が必要な場合は要相談です。

 

仕事はですね、極力考えないようにはしているんですがその内おいおいですね。

まあ、稼がないと暮らしてはいけません。年金は6万円程度ですからね。

ただ今回のお仕事、かなり美味しかったのでもう今年中は流して働いていても良い感じです。まあ貯蓄ですね。そりゃお賃金は高いに越したことはないですよ、やっぱり時給あがると消費出来るお金の額も違いますからね。余裕が生まれますからね。逆も然り。ただわたしは買い物自体、お金を支払うという行為がストレスになりますけれども。

 

先日わたしのガラケーが、何の気なしにワンセグ起動したらフリーズしました。もう頭もフリーズです。七年以上愛用しているガラケーがこんなことで! なんたる! と電源押しても無理なので泣く泣く電池パック外して強制終了。いやあ、やだなあ。わたしはガラケー壊れるまで使うつもりで、その後スマホに乗り換えるかは検討中です。だってバリューパックで入っているので月々千円程度なんですよ、ガラケー。スマホにしたら間違いなく昼食スマホ勢になると思います。電車スマホ勢にはならないと思います。

| 2017.06.17 Saturday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

さあ!終わったぞ!休めないぞ!

契約満了を迎えました。無事とか円満とかとは若干程遠いんですが。

ようやく終わったなあ長かったなあという感じです。

期間としては長くないんですが契約上紆余曲折ありましたし、最終日にはそれまで顔を出さなかった営業さんがわざわざ来てそして何の挨拶もなく帰るという謎プレーもありました。なにがしたかったのでしょうね、彼は。

 

吐き出したいことは色々あるのですが、ひとまずは休憩です。

六月いっぱいは歯医者と精神科と各種税金とかそれらの手配に追われます。

精神科はいつものことですね。金食い虫です。

 

歯医者はこちらに引越してきてからまともな場所を見つけていないので、かなり博打に近いです。何かあったら昔通っていたところに大枚叩いて交通費出して通おうかと思っているくらいです。歯医者は変えるのは怖いんです。

まあ初めは歯石取りたいくらいなんで治療になったら考えようかな、と。

 

今回は精神的疲労がすごいです。主に契約のお話で。

はー、振り回されたなー!

| 2017.06.16 Friday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

境界性でも自己愛でもなく

初めに言っておきたいことなのだけれど、わたしは◯◯障害という呼び名が嫌いです。

ただそういう呼び方をしたほうが分かりやすいのは理解できます。

現実は精神障害十人十色、十人いればもれなく十人ぐちゃぐちゃの症状。なのにも関わらず一括りの呼び方にしてしまったほうが分かりやすいしまとめやすい。そういう意味で障害を使うけれど、医療機関とか福祉機関が思考停止していることには変わりないのでやはり受け入れることは難しいです。

 

愛着障害、という言葉を耳にしました。

調べました。泣きました。

 

ぐぐれば出るんですが簡単にまとめると、幼児期に信頼出来る人間から充分な愛情を与えられない、もしくは信頼出来る人間がいない等極端な状況に置かれてると人間頭おかしくなるよ、その後の対人関係むちゃくちゃやぞ。て感じです。

たぶん普通の方にはピンとこないと思います。

 

いや普通なんですよね。幼児期とかそういう小さい頃に、母親に甘えたりだとか、相談するとか、泣いたらどうにかしてくれる存在があるとか、泣きつけるほど頼れる存在がいるとか、わがままを言えるとか、いじけるとか拗ねるとか怒るとか、そういうのは子供として当たり前で、それで受け止めてくれる人がいるのも当たり前で、そういう当たり前が普通を作っていて。

 

でもふつうじゃない子はやっぱり居て。

どこにいても実家に居てもずっと緊張状態が続いていて、眠る時も片時も休まる時はなくて、誰にも相談できないから一人で抱え込んで、つらくても苦しくても自分の中で消化するしかなくて、相談しても良い方向に進むことがないから相談もせず、悩みを打ち明けられたりする人も居らず、感情はひたすら殺して、無になって、それでずっと、放置される。

 

手のかからない子。そう良く言われていたのですが。

手のかからない子には手をかけない。つまりは手をかけられない。手をかける必要性がないと大人が判断してしまったから、本来手をかけるべきところにもかけなかった。すなわち手を差し伸べなかった。それが繰り返されればその子は手を伸ばすことをしなくなる。諦める。どうせその手は誰にも届かないと経験則で学んだ。だからそうなる。だから手のかからない子に拍車がかかる。

 

物心ついたころに他人に言われたことがあります。

この子は物分りが良すぎる。手がかからなさすぎる。子供らしくなさすぎる。

(今思えばその時既に発症していたのだろう)

それを賛辞だと勘違いした母親はいつも、そうでしょう、うちの子は偉いんですよ、みたいに言っていたけれど、わたしはその時のもやもやを大人になった今でも忘れることができない。子供らしくしてください、しましょうねと呪文みたいに言われたけれど、もうわたしは子供らしくするということが子供らしくないと気付いていたし、たぶん言っている側も分かっていたから双方でもやもやしていた。

 

体だけは大人になったわたしは他者と正常な人間関係を築くことができなくなっていました。

仕事をころころ変えることも関係しているのか分かりませんが、広く深く浅くどころか、知り合いの一人すら出来なくなりました。作ろうとしてもよくわかりません。メアドを交換してもこまめに連絡をしませんので数ヶ月後には消してしまいます。

他人との距離感がわからないので(個性というか人格というか個別のアイデンティティがないので)境界性の判断を受けたような気がしますが、わたしのこの生来のと呼ぶべき人付き合いの壊滅さは恐らく幼少期のそこら辺に起因しているんじゃないかと思う今日このごろで御座います。

 

さて愛着障害の治し方ですが信頼できるパートナーを見つけることらしいですね。

それが出来たら最初から障害になってねーっつーの!! ダアホ!!!

| 2017.06.11 Sunday | 雑記 | 壱原 | 拍手ビンタ |

親会社子会社いきさつまとめ2

前回:親会社子会社いきさつまとめ

「経緯4,1ヶ月延長が予想より短くなりそうなので云々」からのスタートです。

 

さて厳守している派遣会社があるのか定かではありませんが契約期間途中で派遣社員を解雇する場合まあなんかいろいろと問題が生じます。例えば会社都合なら賃金発生が生じる可能性はありますし、自己都合なら後々響きますよね。派遣社員として働く上できちんとそこらへんは知ってないといけないと思うのですがわたしもふわっとしてます。たぶん追い詰められたら覚えるんじゃないでしょうかね。

まとめると、契約期間中に辞めるとめんどくせえ、ってことですね。

 

そんなわけで派遣元がどのように経緯4をまとめたかというと、

「契約期間一ヶ月」を契約書の段階から「契約期間15日」に書き換える。でした。

デデーン!

 

……うんそしたら、契約期間途中での解雇ではなくなるね。退職じゃなくなるね。契約期間の途中と見せかけた満了だね。会社都合も自己都合もないから争うこともないけれど、旨味もなくなったね。いやはや、丸く収めたというか卑怯というか、なんもいえねえですね。ただほんと契約書さっさと送ってこいよと思います。プライバシーの問題? 個人情報とかで厳しい? 知らないよ、働く時点で雇用契約書がないっていうのはおかしいだろ。

 

というわけで、経緯4は更新され、

経緯4,一ヶ月延長更新が15日間に狭まる

となりました。

 

……ここで終われば良かったのですが話はまだ続きます。

経緯5,15日後、派遣先が期間延長を申し入れる

 

伸ばしたのを短くした後伸ばしたいらしいのです。

頭が痛い。

これは断固阻止です。更新不可です。というか派遣元に言ってください。直接わたしに更新の有無を聞かないでください。わたしへの意欲確認は派遣元を通してください。てかぶっちゃけもうここで働く気ないですわ。もうね手続き踏んでやってるのになあなあでその場しのぎで行き当たりばったりですよ。要らなくなったらポイ捨てするのに使える間は引き伸ばして引き伸ばして使うとか、ほんとうに自分がただの物なんだなって感じます。

 

頼りにされてるとか身を案じられてるとか、気に入られてるとか評判がいいとか、耳触りのいい言葉ばかり聞きますけれど、でも結局派遣社員としてなんでしょう? 交通費も保険もなあんにもない身分なのに、エコノミー症候群で体バキバキなのに、その言葉でわたしが奮闘してくれるとでも思っているのでしょうかね。

 

あと契約期間が変わった際に派遣元の方から「イチハラさんは手がかからなくていいんですよね」と言われたんですが、手をかけるのが君たちの仕事であって、手をかけないと認めてしまったらマージンの意味ないんですけれどね。くっそ苦笑いしましたよ。ふざけんなよって。こっちは幾度も職場環境とかに対してクレーム入れたのに我慢してくださいの一言で済まして、突発的な休みもなくて社会人として常識的な態度取ってたのに人売り商売はそういうんだ、すごいね! ならマージン取るんじゃないよ。苦笑い再び。

 

幼い頃からよく言われてるよ。手がかからない子だって。そう言われて誰からも手をかけられなかった結果がこれだよ。病人だよ。メンタルブレイクの狂人だよ。手がかからなくてもかけなきゃいけないんだって。

(たぶんこの記事に関しては別に書くと思いますよ)

| 2017.06.10 Saturday | シゴト | 壱原 | 拍手ビンタ |

親会社子会社いきさつまとめ

前回:✕発言権 ◯バックレ権

 

ややこしくなった上に話が続きすぎたのでカテゴリ移動。

相変わらず平日は疲れすぎていてパソコンをつけられません。就業場所のひどさは派遣元に言ってますがノータッチです。エコノミー症候群もすごいです。

 

とにかく現状整理をします。詳しく書くとあれなのでぼやかしますが。

わたしは現在派遣社員として勤務。

派遣先は親会社。(派遣会社が子会社)但し就労場所は本社ではなく支社。

 

経緯1,派遣先から本社勤務を持ちかけられるが派遣先に断られる

経緯2,5月末で契約終了だったが派遣先の猛烈アプローチ&派遣先への意思確認電話という四面楚歌状態で、1ヶ月だけの延長が決まる。

経緯3,本社より本社勤務を持ちかけられる(尚派遣社員)

経緯4,1ヶ月延長が予想より短くなりそうなので云々(←今ここ)

 

怒涛である。

はっきり言ってわたしはとっとと辞めたい。もう五月末の時点で更新しないでもよかった。派遣先にかけてきている時点でマナー違反だと思っていた。既に六月突入の時点でモチベはマイナスをぶちぬいている状態で、経緯2以降はもう勘弁して下さいよとただひたすらに言いたい。

 

口々にみなさま「評判すごいいいんですよ」とか仰ってくれるのですがわたしとしてはその評判が良い内にオサラバしたいんですよ。有終の美を飾って去りたいんですよ。だからそういう口車で引き止めようとしてしまわれると罪悪感が半端なく心に押し詰められて息が出来なくなるんです。引き止められる気はさらさらないんですよ。契約終了、はいさよなら、そういうもんでしょう、派遣社員は。それが嫌でほんとうに引き止めたいなら、待遇で示そうよ?

 

契約期間の途中終了とかなら会社都合ですし残りの賃金貰えたりするのかなあとか、他の仕事紹介とかまあ色々考える事は多々あるのですがもうモチベが落ちすぎて不動です。もう嫌です、関わり合いたくないです。派遣会社を毎回通さないで直接派遣先とやり取りをしているので営業や担当の意味がないです。本社から持ちかけられるお話もわたしに直接電話かかってきますからね。営業? ああ、死んだよ。親会社だから意見できないのは分かるけれど、君が意見してくれないとわたしは直接的に死ぬんだがな。営業は親会社に尻尾ばっかり振ってこちらには「更新するよね?」「勤務するよね?」のイエスマン待遇。ウーン、断られるなんて思ってもいないのかなあ。

 

経緯1と経緯3が被っているようで尋ねたのですが被ってないと仰る。

内部で情報がちゃんと行き届いてないんでしょうかね。割と大手の会社なのですが。

| 2017.06.03 Saturday | シゴト | 壱原 | 拍手ビンタ |

✕発言権 ◯バックレ権

前回:酒、そして営業さんには電話が通じない

 

契約終了まで一週間を切ったある日。

わたしは指折り数えていたのです。最後の日まで後何日か。そして終わったらしばらく仕事をしないで休もう。歯が痛むから(ストレスで)歯医者にも行こう。平日に精神科も行こう、土曜は高いからね。ああしばらくゆっくり休めるんだ。このむくんだ足をすらりと伸ばして、ごろ寝もたくさんしたいな。やっぱり週五はきつかったのよ、ゆっくりたっぷり休みましょう!

そんなわたしに社員の方が一言。

 

「私、イチハラさん推薦してくる」

 

ふえぇ……

そして明くる日。

 

「伸びた! 一ヶ月伸びたよ! これからもよろしく!」

 

はえぇ……

 

その翌々日辺りに営業さんから電話が、何故か派遣先にかかってきまして、延長したいとのこと。そして営業さん曰く、派遣先で決めちゃっていいとかほざいてました。親会社だからって子会社の派遣会社に発言権は無いとは思っていたけれど、発言権どころか責任感もくそも持ち合わせていないんですね、いや知ってましたけれど。

何が「僕通さないでも勝手に決めちゃっていいのにねー」だくそが。マージンおいマージン。

派遣元に責任はなくても派遣には責任を求める美しき国、ニポン。

 

で何が一番許せないかって、派遣先に電話をしてきたことなんですよ。

確かめられるものも確かめられず、断れない状況下。想像してみてください。周りは社員、それも推薦してくれた人とかがいらっしゃって、そんな中期待を込めてわたしの電話を間接的に聞いてるんですよ。それに対してわたしが正常な反応を返せますか。考えさせてくださいとか言えますか。

何から何まで可笑しいです。追い込まれてます。

 

わたしはもうてっきり5月末で契約終了おさらばバイバイな設計をしていたので突然の申し出にびっくりです。というか本社採用をあれだけひどく切っておいてまだ使いたいとか思うんですか、その根性がすごいですよ。でもバイトとかですら迎え入れる気ないっていう人件費削減本能。

で今の環境がいいのかって問われるとそれは確実にNO。悪しきを極めた環境は泥砂まみれの煙草の煙害まみれで到底やっていけない。それでも5月末で終わりだと思っていたので踏ん張れたのですが一ヶ月と聞いて難色を示さざるを得ない。しかし「一ヶ月伸ばしてあげたよ」という上から目線にはわたくし何も言えず。

 

派遣に許された最後の一手がバックレだとすればそれは使うに越したことはないと痛感してます。

| 2017.05.28 Sunday | シゴト | 壱原 | 拍手ビンタ |

SELECTED ENTRIES

Category

Archives

Link

Search

twitter